システム更新

10年ぶりに、制作環境(パソコン)を更新しました。第4世代のCore i5、メモリ4GBのWindows7でずっと使っていたのですが、illustratorの他にいくつかプログラムを起動させると深刻に動作が遅いし、そもそも起動が遅い。それにやはり10年も使ってると、いつHDDが壊れてもおかしくありません。

昨年末、メインのデスクトップに先立ってノートを更新しました。更新といっても、ノートの方はだいぶ前に壊れてしまって以来新調していなかったのですが。ドスパラで買いました。お気に入りのブランドというわけではないですし、今まで買ったことがあるわけでもありません。ただ、町田にドスパラがあるので、何かの時に持ち込み修理が楽かな、という理由で。町田のドスパラは小物ガジェットをよく買っています。最近のお気に入りはこれ。

腱鞘炎にならない直立型のマウス。たしかに右手が楽です。ただ仕事には、慣れていないのもあってちょっと使いづらいです。普通のブラウズ時なんかはいいです。

で、新しいパソコンですが、少しお金をかけてcore i7でグラボもエントリーレベルのものですが積んでいるノートを買いました。やはりというか、体感速度がぜんぜん違います。illustratorもPhotoshopも、今までテキストエディタを起動させていたくらいの感覚でぱっと起動します。これまではillustratorとPhotoshopの同時起動はご法度だったのですが、これならまったく問題ないです。
ということで、メインのデスクトップも今年になって更新しました。メモリ16GB、起動ドライブもSSDのものです。起動が速いのは本当に良いです。電源を入れて、30秒後には仕事が始められます。

古いPCも、メモリを探してきて8GBにしたところ、かなり動作が改善しました。原稿がPDFで来た時などは表示させておいたり、仕事のBGVでNetflixを流してみたりという用途でまだ使用しています。もっともこれは、タブレットで十分なのですが。

作業場は自宅の一室、五畳間で、かなり手狭です。