古武道ウイスキー

仕事のブログなので仕事のことを書くべきなのだが、仕事は日中存分にしているので、それを終えてからまた仕事のことを書く気にはなかなかなれない。(いつか書きます)
空手家のたしなみという程度に、琉球の武器の練習はしている。ヌンチャク、トンファーは実戦で使えるのかどうか、少なくとも自分の技術では疑問。「ヌンチャクを持った自分」VS「素手の自分」だと、素手のほうが強いかもしれない程度の腕前(どっちも激弱だが)。
それでもヌンチャクやトンファーは手首の鍛錬にはなると思う。棒もそうだが、手首の強さとか柔らかさがないと十分な打撃ができない(と思う)。

琉球的なヌンチャクの扱い方は、それほどぶんぶんと振り回さない。型などでも基本一挙手一打で、数秒以上の連続した動きというのはあまりやらない。逆手に持つこともあまりない。なので、リストスピンのような技術は今練習中。ただ、連結の紐が短い(うちはそういう流儀らしいので)からなのかこれが難しい。

写真のヌンチャクはたしか守礼堂製。若干短く、取り回しがしやすいのでお気に入り。長年使っていたお気に入りのものは2本あったのだけど、練習中に壊してしまった。木製で紐連結のものはとくに、割れやすいのだ。

この間動画を撮影してみた。鏡ではなく動画で見ると、これがまあまあなサマになってる。自分がどうこうというより、最近のスマホの性能が素晴らしいのだ。今話題のHuwawei製だが。いつかこれでYoutuberデビューしてみたい。

※ウイスキーは義父よりいただいたもの。1987年といえば花の高校生だったなあ。サントリーオールドブック型。すごく美味しいです。一緒に撮影した意味はないです。